技術資料

技術資料

66D NON-TEX ROLL®

@不織布ロールの材質について

主な材質と特徴の項を参照ください)
弊社では様々な用途に対応する為、不織布の種類も多数準備しています。
ご使用条件等に合わせて選定させていただきますのでご相談ください。

A吸排効果について

弊社ロールの特徴として優れた吸排効果があります。
これは不織布が多孔性(スポンジのように空隙が多数ある構造)であることを利用し、ロールに適度な変形を与え
不織布を圧縮=遮断・排出→開放=吸収・吸引させる効果のことを表しています。
※スポンジで水分などを吸い取る時をご想像ください。

吸排効果

Bクラウニング加工(クラウン)について

弊社ロールを使用いただく際に、絞り効果を高める(鋼板との密着性を良くする)為に 適正な加圧(ロールの押付け力=線圧)が必要となります。
加圧によってはロール(シャフト)がたわみ、鋼板に均一に密着できなくなることがありますので、 あらかじめたわみに応じたロール外径加工(=クラウニング加工)が必要となる場合があります。
※必要なクラウニングの量につきましては弊社にて設定させていただきますのでご相談ください。

クラウニング加工
詳細やご不明な点はお問合せください。
製品案内はこちらをご覧下さい。

▲ページトップへ

技術資料

技術資料

ビワコロール

アクロン試験について(磨耗性確認)

弊社では、加硫ゴムやその他弾性材料の磨耗試験を記したJIS K6264のアクロン試験方法を参考にし、 不織布材料で製作したロールの耐磨耗性を測定するために行っています。
試験装置はアクロン試験機を用いています(概要図は下図参照)。

アクロン試験
詳細やご不明な点はお問合せください。
製品案内はこちらをご覧下さい。

▲ページトップへ

技術資料

技術資料

ブラシロール

巻付け方法・巻付け条数
ブラシロール
毛材
66ナイロン:
弊社標準品。柔軟性が高く、主に払い・洗浄の用途に向いています。
PP:
毛腰が強く、主に積極的にかき取るような用途に向いていますが、先端部が避けやすい短所を持っています。
毛材形状①
線径については、
研掃力:φ0.5>φ0.3、端面積の密度:φ0.5<φ0.3
毛材形状②
形状については、
ストレート:毛腰が強いが密度にばらつきが出やすい
波付:毛腰は弱いが密度のばらつきは出にくい(ブラシに広がりがある)
詳細やご不明な点はお問合せください。
製品案内はこちらをご覧下さい。

▲ページトップへ